いつから私の中で、愛を性欲が上回ってしまったのか。
肉欲に溺れたいがために、私は愛を捨ててしまった。
目の前の現実に、ただひたすらに腰を振るだけの毎日。
分かっていても、離れた心と体は、もう元には戻らない。