今、自分が何をやるべきなのかは、分かっている。
だがそれは、極力やりたくないことなのだ。
ついでに言えば、必ずしもやらなければならないことでもないのだ。
そんな時、逃げの二文字が浮かぶのは、避けられないのである。