逃げられないように、しっかりと出入り口を固めた。
しかし、抜け道があるところまでは考えていなかった。
百人態勢で見張っていたのに、あっさりと逃げられてしまった。
これだけいて、誰もその可能性に気づかなかったのだろうか。