一年に一度だけ、同じ日に同じ夢を見る。
僕の古い友人が出てきて、一緒に酒を酌み交わすのだ。
その日は、友人が亡くなった日。
たぶん、彼が夢枕に立っているのだろう。