もはやあいつの首を取るには、寝込みを襲うしかないような気がした。
ただ、寝込みを襲うのは自分の美学に反する。
それでもプライドを捨てて、任務を果たす為に寝込みを襲うことにした。
寝ている間も起きている時と同じくらい強いなんて、誰が想像できただろう。