「いいですか。この扉は、決して開けて中を覗いてはいけません」
そんなことを言われたら、覗きたくなってしまうのが人情というもの。
私も耐え切れずに思わず開けてしまったが、中は覗けなかった。
中を覗くよりも早く、私の意識は急速に落ちていったから。