あいつは飲んだくれで、周りの人にも平気で食ってかかる。
いつも片手に酒瓶を持っていて、誰とも仲良くなろうとしない。
でも、僕だけは知っている。
あの瓶に入っている液体は、ただの水だってことを。