よく「あれ? いつからそこにいたの?」と言われる。
もう何度目になるか分からないが、私の答えはいつも一緒だ。
「ずっといたよ。何年も前から」
未練が残っている内は、私はこの場所を離れられないのだ。