かつては栄華を極めたロボット開発事業だけれど。
気がつけば、誰もその分野に興味を示さなくなっていた。
彼らの目指すロボットや人工知能は、人間との差をゼロにすることだった。
しかしどうやってもゼロにはならないと分かり、熱が引いてしまったのだ。