一見意味のない数字の羅列があれば、何人かは暗号だと疑う。
でもこれは、暗号ではない。
ある意味では暗号かもしれないが、ただの純粋な文章だ。
数字しか知らない人が残した、短くて散文的な小説。