自分にはもっと能力があると思っている。
慢心でも過大評価でもなく、正確に自己分析した結果だ。
ただ、この能力を存分に発揮できる場がないのだ。
科学で何でもできる世の中に、非科学的な力は必要とされない。