見間違いを防ぐには、とにかく確認を怠らないことだ。
だから僕は、何事も必ず二度見するようにしている。
周りのみんなは、さぞ落ち着きのない奴だと思っていることだろう。
でも僕ほど落ち着いて周囲を見渡している人は、いないと思う。