彼が私の元を訪ねて来ることは、最初から分かっていた。
何月何日の何時何分何秒に来るかも、全て分かっていた。
もちろん、彼が私の家のドアを叩くと同時に、恋に落ちることも分かっていた。
その為に今まで、ありとあらゆる準備をして来たのだから。