苦節何年なんて、アピールするのも情けない話だけれど、本当に長かった。
でもようやく努力が報われて、デビューすることができた。
ここから私の、新しい人生が始まるのだ。
だから今日は、私の二度目の誕生日。