僕には彼女が、蜃気楼に見える。
どんなに手を伸ばして追い求めても、距離が縮まることがない。
そして気がつけば姿が見えなくなっているのだ。
でもそんな彼女だからこそ、何が何でも捕まえたくなる。