機械における完璧ってのは、傷一つない状態のことを言う。
でも僕たちにとっては、どこも壊れてないのが完璧とは限らない。
壊れたところがあった方が、より高みへ行けることもある。
だから、少しくらい狂ってるくらいが、一番完璧に近いのだろう。