僕がいた小さな世界は、真実と嘘がはっきりと分かれていた。
でも、外の世界をいろいろと見て回ったら、分かれてない方が多かった。
外の世界では、真実は、ちょっと嘘が混じっているのが当たり前だった。
むしろ全く嘘のない真実には、力が足りないように感じた。