いったい世界は、どれだけ彼女を苦しめているのだろう。
袖や枕が絶えず湿っている状態を見れば、一目瞭然だ。
きっと彼女には、心が休まる瞬間がないに違いない。
涙を流しただけでは、彼女の苦しみは流れ去ってくれない。