能ある鷹は爪隠すということわざがある。
間違いではないのだろうが、たぶん、それは常識の範囲内での話だ。
常識を遥かに越える異常な能力の前では、そんなことわざは通用しない。
その証拠に、あいつは隠そうと思っても、オーラを隠しきれていない。