振り返ってみると、悩んでいない瞬間なんて、一瞬たりともなかった。
人生はいつだって分かれ道の連続で、常に何かしらの選択を迫られている。
まあ、迫られているってだけで、瞬時に判断できるって意味ではない。
いろんな選択を先送りにした結果、今の無能な私が出来上がったのだ。