我々の偽物を名乗る者たちが現れた。
確かにパッと見は、我々自身でも驚くほどよく似ている。
しかし問題なのは、全てにおいて、偽物の方が優れているということだ。
こうなるともう、周りにとっては、あっちが本物で良いという結論になりそうだ。