誰よりも早く、ずっと先へ、ずっと遠くへ行きたかった。
だから私は、抜け駆けをして、みんなを出し抜いた。
そのままずっと、彼方へのゴールを目指して、駆け抜け続けた。
喜びを誰とも分かち合えないことが分かっていても、気にせずに。