年々、夏の終わりが遅くなって行っている気がする。
今年の夏も、未だに残滓も余韻も感じられないほど、暑さが鬱陶しい。
道の端で容赦なく死んでいるセミを見ていると、ふと思う。
暑さが大の苦手な自分も、数年後にはこんな姿になっているかもしれない。