以前、「二択の紙」というものを手に入れたことがあった。
二つの選択肢を書くと、どちらか一つが叶うという不思議な紙だった。
そのときの私はは面白半分に「不老不死になる」「明日死ぬ」と書いた。
あれはもう何百年前のことだったか、もはや思い出せない。