知り合いに、二十ヶ国語を話せるという人物がいる。
使う場面はほとんどないだろうに、何でそんなに覚えようとしたのだろうか。
本人に言わせると、覚える気がなくても勝手に頭に入ってしまうのだそうだ。
才能が制御できないっていうのは、こういうことなのかもしれない。