一日が二十四時間なのもそうだが、二十四という数字は少し特別だ。
クリスマスイブも二十四日だし、他にも二十四にまつわるものは多い。
何を隠そう、僕が今の彼女と結ばれたのも、クリスマスイブの二十四日。
しかもそのとき、僕も彼女も二十四歳だったのだ。