私の中には、もう一人別の私が住んでいる。
そいつは度を超えたいたずらが好きで、よく悪さをしている。
でも、もう一人の私のことを知っている人は、一人もいない。
もう一人の私と対峙して生き残れた人は、今まで一人もいないから。