歴史の闇に葬られた、一人の男がいる。
本来なら、この国は彼が治めるはずだった。
彼が殺されたことにより、この国は衰退の一途を辿った。
いずれはこの国そのものが、歴史から名を消してしまうだろう。