実は私は、世の中の動きとか流行とかを読む力が、壊滅的にない。
だから、次に何が売れるかも、見極めることはできないのだ。
しかしそれでも、私は次々とヒット作を生み出すことに成功している。
結局、自分自身がブランドになってしまえば、流行なんて関係ないのだ。