彼は言葉は巧みだが、中身が全然ない。
一見凄そうなことを言っているようで、全然たいしたことは言っていない。
しかしそれでも、ついつい彼の言葉には耳を傾けたくなってしまう。
あれもある意味、話術に優れているということなのだろう。