どんなに嫌いになっても、別れられない人がいる。
憎もうが恨もうが、死ぬまで別れることができない唯一の人。
それは、自分自身。
自分と別れるスイッチがあれば、迷わず押したい。