私の中には、一枚の大きな鏡がある。
それはいつでも私自身を映し出していて、あまり気分の良いものではない。
見たくなくても、私が私と一緒にいる限り、目をそらすことはできない。
私が私を好きにならない限り、この呪縛からは逃れられないのだろう。