自分には、人を好きになる資格がないと思っている。
でも誰かを好きになることは、時として自分の意思とは無関係なものだ。
好きになるまいと強く思っても、その気持ちは留まる事を知らない。
人を好きにならないと誓うことは、神に喧嘩を売る行為なのかもしれない。