誰がどう説得しようと、彼は部屋から出てこなかった。
そんな彼を部屋から出したのは、一人の少女だった。
彼は、彼女が現実にいない少女だと知らなかった。
彼がこもっている間に、それだけ立体映像の技術が進化していたのだ。