作業に時間がかかるだろうなと思ったことが、あっさりできることがある。
果たしてそれは、自分の見積もりが甘かったのか。
それとも、自分の技術がそれだけのレベルにあるということなのか。
いつもそのどちらかで悩んでしまい、自分を素直に褒めることができない。