超一流の技術者が集まり、叡智と技術の集大成とも言うべき車を開発した。
誰の目にも、その車が世界最高峰のレベルであることは間違いなかった。
ただ、レベルの高さが必ずしもプラスとは限らない。
操作性が難し過ぎて、専門家でないと運転することができないのだ。