いつからか、離婚の二文字がずっと頭から離れない。
妻のことは嫌いじゃないし、むしろ離婚の理由は逆だ。
いつまでも私と一緒にいると、彼女はダメになってしまう気がする。
しかしそれが分かっていても、私はこの判を押す勇気が出ない。