彼には、利き手という概念がない。
右も左も、同じように使うことができる。
ただしそれを凄いと言えるかは怪しい。
どちらも人並み以下にしか使えないから。