いつやり直そうか、ずっと悩んでいた。
一から始めるのが怖くて、踏ん切りがつかずにいた。
でも、いつまでも逃げてはいられない。
今日、今この時が、僕のリスタートだ。