レールの敷かれた人生なんて嫌だと、あいつはよく言っている。
でも多かれ少なかれ、人は誰でもレールの上を歩くものだ。
新境地の開拓は、誰かの敷いたレールの続きを作るようなもの。
初めからレールのない場所を歩くのは、人の道からも外れている。