これが恋愛感情なのかどうか、自分でもよく分からない。
何せ生まれて初めて抱く感情だから、どうにも処理のしようがない。
ただ、仮に恋愛感情だったとしても、いずれは捨てなければならないだろう。
フィクションの世界にいる相手と結ばれることは、永遠にないのだから。