私は自分のことを、自分を犠牲にしてでも他人を助ける人間だと思っていた。
決して自惚れとか嘘ではなく、本心からそう思っているつもりだった。
でもいざそういう場面に来たら、私はあっさり自分が助かる道を選んだ。
結局私なんて、そんな程度の人間なんだなと、改めて気づかされた。