日本の夏が暑いことは誰もが知っているし、それを否定する者はいない。
だからみんな、暑さをしのぐためにいろいろなものを利用する。
文明の利器にはとても敵わないが、私もその一端を担ってはいる。
そよ風と少しばかりの情緒を届けるのが、私の努めだ。