彼は、またね、と手を振って、向こうへ去って行った。
僕は何も言わず、ただ黙って、反対方向へと歩いた。
別れの挨拶は、再会の祈りを込めて言うものだ。
そのチャンスがもうないことを、僕は知っている。