僕たちは、元々は同じものだった。
生まれたばかりの、何者にも染まっていない頃は。
でもいつまでも純ではいられないから、いつかは染まる。
そして僕たちは、別々の価値を持つ者に変わっていくのだ。