何かを忘れることは、決して非難されるようなことではない。
もし痛みを抱えて生きるのが辛いなら、忘れても良いのだ。
心配しなくても、忘れることはそんなに難しいことじゃない。
熱さだって、喉元を過ぎれば忘れられるのだから。