要、と言っても過言ではないだろう。
一言で言えば、彼がいなければ成り立たない、なくてはならない存在。
そんな、船で言うところの竜骨のような男に、なってほしい。
そういう願いを込めて、息子にキールという名前をつけた。