獣界の王であるライオンのように、我が子にも頂点に立ってもらいたい。
だから私は、ライオンと同じように息子を育てることにした。
千尋の谷に突き落としていたのも、全ては息子のため。
息子に恨まれていることは分かっていたが、育て方を変えるつもりはない。