伝統を守り抜くか、新しい風を取り入れるか。
どちらを選んでも、不正解ということはない。
ただ、あえて理想を述べるならば。
伝統を守りつつ、新しさも出していってもらえるのが、一番嬉しい。