昔、蜀の孔明は私情に背き、泣いて馬謖を斬ったという。
今の私には、その気持ちが少しだけ分かる気がする。
私も先日、不況の煽りを受けてたくさんの社員の首を斬った。
大事な社員を何人も斬るのは、本当に泣くほど辛いものなのだ。